子育て応援
おひさまくらぶ

おひさまくらぶ 11月の活動

投稿日:2018年11月21日 水曜日

<川越>
 11月13日(火)、第7回おひさまくらぶが行われました。ひまわり学園音楽リズム講師の山本岳人先生と「体を動かして遊ぼう」をテーマに上半身の体感を鍛えたり、三半規管のバランスを整えたり、反射神経を育てたりする柔軟運動やマット遊びなど、 親子で仲良くいろいろなことに挑戦し、楽しい時間を過ごしました。
 前回、第2回のおひさまくらぶのときから半年経ちましたが、子どもたちの成長に驚かされました。岳人先生が「今、できないことも毎日繰り返すことが大事であること、そして、叱らずに今できることを認めてあげること」をアドバイスしてくださりましたが、きっとご家庭でもママと一緒にお布団やマットの上で実践してくださっていたのだと思いました。ママがどんなときもいつも笑顔で子どもの気持ちにより添うことの大切さを実感しました。
 次回も楽しみですね。お待ちしています。
東 (3) 東 (4) 東 (5) 東 (7) 東 (8) 東 (11) 東 (12) 東 (14) 東 (15) 東 (18) 東 (20) 東 (21)東 (28) 東 (29)
<草加>

 11月13日(火)のおひさまくらぶは「絵本の読み聞かせ」でした。
 各ご家庭からお気に入りの1冊を持ってきていただき、お子さんと一緒に1組ずつ絵本の紹介をしていただきました。選んだ理由に、お母さんが小さい時に読んだ思い出の絵本やおばあちゃんからのプレゼント、パンダやひよこを見に行ったので関連した絵本を探して見つけた本、ママとすりすりする為に選んだ絵本、大好きなお魚や食べ物、電車の絵本を紹介してくれました。お友達の大好きなページは、ママが出てくるページが多く、お母さん大好き!!が伝わってきました。
 また、絵本の中で韻をふむフレーズで字に興味を持ち色の名前を覚えたり、ブランコの立ちこぎができる様になったり、10まで数えられる様になったり、電車の切符を購入して電車に乗るという実体験に基づいた経験をされていました。絵本からたくさんの事を吸収している様ですね。中でもお母さん達からは絵本を通して優しさや思いやりの気持ちが育っていますという声も聞かれました。
 皆さんからの絵本の紹介ににこやかに聞きながらうなずき拍手をしていただき、絵本への関心の高さやご家庭でもしっかり絵本の読み聞かせを行ってくださっている事を感じとても嬉しかったです。
 最後は大型絵本の「はらぺこあおむし」の読み聞かせをして皆であおむしさんを作って遊びました。
草 (2) 草 (4) 草 (5) 草 (9) 草 (10) 草 (11) 草 (12) 草 (13)